本文へスキップ

アジア・ウオッチ・ネットワークはアジアに幅広い取材アンテナを張ります。

アジア・ウオッチ・ネットワークAsiaWatchNetwork


見出し経済制裁下の国際商品展覧会(1)  (2014年5月27日)

 




キング・トニー社 ンセント・ライ氏
 国連の経済制裁は依然として続き、緊張緩和の方向に進むかと期待された南北関係には好転の気配はなく、朝鮮経済は厳しい状態だ。このなかで、第17回国際商品展覧会が、5月12日〜17日に平壌で開催された。

 外資導入、貿易で経済難を打開したい思惑があるだろう。開幕式には姜錫柱副首相、李竜男貿易相らが出席し、「展示会が地域経済の発展を推し進める契機になることを期待している」と述べた。

 日本企業は経済制裁で対北朝鮮貿易を止めているため参加していないが、北朝鮮のほか中国、台湾、英国、ドイツ、キューバ、イタリア、マレーシアなどの国・地域から310社以上が参加した。
 電子製品や日用生活用品、食品などが出品され、展示ブースでは熱い商談が行われていた。

 国際商品展覧会に初めて参加した台湾・キング・トニー社(King Tony Tools CO.LTD)のンセント・ライ氏(Vincent Lai,Marketing Division Vice General Manager)に質問した。

Q:どのような経緯で展覧会に参加したのか?
A:(世界各地で催される展覧会への参加を仲介する)専門会社を通じてこの展覧会に参加しました。

Q:参加の目的は?
A:わが社は中国、フランス、スペイン、ドイツ、オランダ、アメリカなどに事務所を置き、世界120ヶ国に製品を販売しています。さらに輸出先を探すため平壌国際商品展覧会に来ました。

Q:成果は?
A:開幕初日からわが社との協力を積極的に呼びかけてきた会社もありました。すでに10社以上と名刺交換をしました。いま、展示しているサンプルの工具はほとんど売り切です。わが社の製品を購買、使用しようとするお客さんはたくさんいます。今回の出店目的はほとんど達成できました。平壌国際商品展覧会は非常に良い展示会です。
         
(AsiaWatchNetwork 村上 知実 )














English version (英語版)


Photo



ビデオ