本文へスキップ

アジア・ウオッチ・ネットワークはアジアに幅広取材アンテナを張ります。

アジア・ウオッチ・ネットワークAsiaWatchNetwork


メニュー亜細亜 飛耳長目

北朝鮮とベトナム          (2018年12月18日)




 北朝鮮の李容浩・外相が2018年12月初旬、ベトナムの首都ハノイでフック首相と会談した。北朝鮮は、これまでも社会主義を掲げながら市場経済の導入に成功した、ベトナムに熱っぽい視線を送ってきた。
 報道などによると、会談で李外相は「金正恩・朝鮮労働党委員長の指導のもとで、経済発展を進めたい」と強調した。
 一方、フック首相は「投資や観光誘致策などについての経験があり、それを喜んで共有したい」と述べたという。

 李外相は、非公式に工業団地や農業技術の研究所も訪れて、企業経営者との意見交換などを行った。経済成長を続けるベトナムを参考にしたい、という北朝鮮の思惑がにじみ出ている。
 では、その「お手本」となるベトナムの改革開放路線とは、具体的にはどういうことなのか。

 ベトナムは、ベトナム戦争の終結、南北統一後の1978年、カンボジアに侵攻した。その翌年、中越紛争が起き、1981年には旧ソ連からの援助が打ち切られ、国際的孤立状態となった。
  国内では、南ベトナム時代から資本主義が染みついていた南部地域に対して性急な社会主義改造路線を推し進め失敗した。だが、これを教訓に重工業優先政策の転換、農業の振興、国際経済参入などを目指した「ドイモイ(刷新)」政策(1986年)を導入した。これが成功し、経済成長を実現させてきたわけだ。

 実は北朝鮮も2002年に配給制度や賃金・物価体系の見直しに踏み切っている。「社会主義経済管理方法」と銘打ち、改革開放路線への道筋を示していた。
 しかし、核・ミサイル問題などで国際社会から経済制裁を受ける「包囲網」が敷かれる中では、経済停滞からの離脱、経済成長の実現は難しかった。

 今回の会談でベトナム側は朝鮮半島の非核化に向けた動きを歓迎するとしたうえで、「経済発展の経験を共有する用意がある」と協力的だった。北朝鮮がベトナム戦争時に空軍パイロットらを派兵したことなどの歴史的な経緯もあり、北朝鮮が孤立する中でも両国の友好関係は続いてきた。李外相とフック首相は、それを確認したわけだ。
 しかし、北朝鮮が「ベトナム方式」の本格導入を目指したとしてもそれを支える基盤はぜい弱である。ベトナムには、コメが年3回収穫できる豊かなメコンデルタ・大地があり、流通・消費システムを改善すれば食糧不足は解決できた。南ベトナム時代に資本主義・市場経済を肌で知っていた人材も多く活用できた。
 北朝鮮はこうした条件を克服するため「メコンデルタの豊かさ」に代わるものを探している。その一つが日本からの大規模な経済協力・支援である。





                                         









Photo


ビデオ