本文へスキップ

アジア・ウオッチ・ネットワークはアジアに幅広い取材アンテナを張ります。

アジア・ウオッチ・ネットワークAsiaWatchNetwork


メニュー訪 朝 記


#1 朝鮮社会科学院歴史研究所 ゙喜勝(チョ・フィスン)所長





 ゙喜勝・歴史研究所所長
  「朋あり。遠方より来る。また楽しからずや」。゙喜勝歴史研究所所長は、「論語」の一節を唱え出迎えてくれた。底冷えのする平壌。小雪が舞い窓ガラスは凍てついていた。そして、所長は「近くて遠い国、本当に日本は遠い遠い国になってしまいました」と漏らした。
 日本語の通訳を通じての会話だったが、所長の醸し出す雰囲気から、日本語も達者だと感じた。「先生は日本語をどこで勉強なさったのですか」との問いかけに゙所長は一瞬ためらい、そして吹っ切るように「実は私は日本出身なのです。20歳のとき、1972年に新潟から帰国船に乗って祖国に帰ってきたのです」。それからの40年の歳月。「日本からの帰国者」のレッテルは多かれ少なかれ苦節を味わってきたに違いない。

 だがこの学究の徒は日本の著名な学者(騎馬民族征服王朝説の江上波夫氏、東京芸術大学元学長の平山郁夫氏ら)の知遇も得て国を代表する学者としての地位を築きあげてきたということだろう。専門は朝日歴史関係、特に古代史の両国交流の歴史であるが、近代、現代の両国関係についても研究をひろげ北朝鮮外務省の朝日関係の政策立案に重要なアドバイザーの役割も果たしているとみえた。
 「両国関係は現代は歴史上最も関係が冷えている状態といえます。これは実に悲しいことです。古代から両国関係は密でした。日本の天皇のルーツは朝鮮半島にあるとも言われるくらいじゃないですか。平成天皇自身も「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると続日本紀に記されている」と、11年余前に述べている。宗教、文化、習慣、儀式織物とどれをとっても朝鮮半島と日本との切っても切れない関係があるのがわかります。その緊密な歴史的関係は誰も否定できません」。
 ゙所長との話し合いは古代史から中世へ、近世からまた古代史へと縦横に展開していった。そして現代の日朝関係になると、頬を紅潮させこの温厚な親日派から鋭い言葉が飛んだ。「安倍内閣に何ができますか。朝日関係は冷え切って殆どゼロです。日本の独自制裁って、我が共和国にどんな圧力になりますか。殆どゼロがゼロになったってどうってことない、というのは彼らでさえ分かっているはずです。圧力強化で拉致問題の解決へ向かう可能性は、それこそゼロです。相手にもなりません」

 北朝鮮は昨年4月から6月にかけ複数のルートを通じて「日本人戦没者の遺骨が多く見つかった。遺族への遺骨返還や慰霊のための訪朝を認める」と日本側に働きかけてきた。それは8月の日本各社(共同通信、NHK、民放3社、毎日新聞等)による現地取材として実現した。この遺骨収集と墓参団の受け入れの責任者も゙所長であった。
 「日本の取材班は機会まれな地方取材のさい、いまなお木炭車が走っているのを見ると物凄く興味を示して撮影しだした。私はあるものを隠す必要はない、撮りたいならどうぞ、と言った。日本のテレビでそれが繰り返し放送された。共和国内でいろんな声が伝わってきた。なんで我が国の遅れた部分を強調して紹介したのか、というわけです。私は学者であるが、同時に所長の立場で行政管理もしなければならない。ストレスもありますよ」と吐露する一幕もあった。


  (アジア・ウオッチ・ネットワーク代表 宇崎 真)

















Photo


ビデオ












アジア・ウオッチ・ネットワークAsia Watch Network

Bangkok, Thailand