本文へスキップ

アジア・ウオッチ・ネットワークはアジアに幅広い取材アンテナを張ります。

アジア・ウオッチ・ネットワークAsiaWatchNetwork


メニュー訪 朝 記

Extra#6    急増するタクシー














 訪朝記 Extra#4「平壌交通事情」を掲載してから半年が過ぎたが、この間、平壌の交通機関で大きく様変わりしたものがある。タクシーだ。半年前、「タクシーは2キロ、100ウォンだから、市民にとってはちょっと贅沢な乗り物だ」と書いた。贅沢なのでまだ多くの市民は利用していない、という意味もある。

 しかし平壌ではいま、この贅沢な乗りものだったタクシーが急増しているのだ。7月頃から車の色を緑と黄色で飾ったタクシーが現れた。日本では当たり前だが、ボディーカラーを見れば運営するタクシー会社(国営)がすぐ分かるし、街中で非常に目立つようになった。

 北朝鮮では燃料事情と環境保護の名目でタクシーや自家用車の運転は制限されていた、と聞いた。しかし、平壌市内には深夜までオープンしている遊戯施設や24時間営業のカフェが登場している。
 これらの施設で遊ぶ人や働く人も多くなり、バスや市電だけではさばききれない。そこでタクシーの増加となったのだろう。

 東南アジアにありがちな、車内は不衛生なうえ、法外な料金を請求する「ぼったくりタクシー」は、平壌では見当たらない。平壌のタクシー・ドライバーはネクタイ着用で礼儀正しい。日本のハイヤーに近い。
平壌市民のタクシー利用率は急増している。







(アジア・ウオッチ・ネットワーク 小堀 新之助)  



























Photo


ビデオ









アジア・ウオッチ・ネットワークAsia Watch Network

Bangkok, Thailand