本文へスキップ

アジア・ウオッチ・ネットワークはアジアに幅広い取材アンテナを張ります。

アジア・ウオッチ・ネットワークAsiaWatchNetwork


メニュー訪 朝 記

Extra#10  北朝鮮と春

   さまざまな花が一斉に咲く北朝鮮の春。水ぬるむ川のほとりや公園、野山に人々が繰り出し「春到来」を喜ぶ。凍てついた冬景色から光り輝く季節へ…平壌市内を歩くと市民の弾んだ心が伝わってくる。 

 北朝鮮では3、4月を「衛生月間」とし、特に街の美化に取り組んでいる。休日にはアパート周辺や歩道、花壇で冬の汚れを落とし、ペンキ塗りで再化粧を施す人々の姿が目立つ。

 去年の春、北朝鮮は3度目の核実験を行い、東アジアの緊張が高まった。しかし、今年はこれまでのところ去年のような緊張感に包まれた春ではない。やはり、春は安定と平穏が似合う季節だ。

 朝鮮の歴史に詳しい人から「花柳」について聞いたことがある。「花柳界」といえば日本では花街、芸者街を指すが、もともと両班階級が芸生を呼んで花見をしたことに由来するらしい。花や柳の下で宴を楽しむ「花柳遊び」が語源だという。

 今ではそんな風習は消え去った。しかし、平壌の春の野辺にたたずみ、野遊びに興じる人々を見ていると、独特な感覚で春を愛でてきた朝鮮民族の「艶っぽさ」を感じる。







(アジア・ウオッチ・ネットワーク 村上知実)  






























Photo


ビデオ









アジア・ウオッチ・ネットワークAsia Watch Network

Bangkok, Thailand